『ニセドイツ ≒東ドイツと西ドイツの製品史』の補完ブログ

東ドイツと西ドイツの製品史を紹介した『ニセドイツ1~3』の補完ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【告知】映画に見るドイツ文化の深層/真相 於:静岡市・複合型エステサロン「アルテステ」(9月8日(土))

来る9月8日(土)に、「映画に見るドイツ文化の深層/真相」と題してトークショーを行います。

表

チラシのイベント目的(伸井)より
 ドイツ映画は、前提知識やコンテクスト(前後の文脈)を重視した作品が多いと思います。例えば、第二次世界大戦の経験や戦後の東西分断ドイツの歴史が、映画の背景になっていたり、ストーリーの奥底に流れていたりと……。もちろん、映画は「お勉強」のために観るわけではありませんが、「知」を背景とした感動が用意されている映画がドイツには多いです。言うなれば、知と感情をフル稼働させることができる映画、それがドイツ映画ではないでしょうか。
 今回のイベントでは、20世紀ドイツに関するありとあらゆることにできる限りお答えしていきたいと思います。そして、来ていただいた後に、「トークショーを通じてドイツ映画をもっと観たい!」、同時に「映画を通じてドイツという国をもっと知りたい!」と思っていただければ、本当に嬉しいです。


●当日のプログラム(予定)

第一部: ドイツ映画の歴史概観
■言及する予定の映画→ドイツ最初の映画を数本、『カリガリ博士の箱』、『吸血鬼ノスフェラトゥ』、『メトロポリス』、『M』、『意志の勝利』、『ユダヤ人ズュース』、『ほらふき男爵』、『マリアブラウンの結婚』、『ブリキの太鼓』、『ベルリン天使の詩』、『ネバーエンディング・ストーリー』、『殺人者は我々の中にいる』、『ベルリン・シェーンハウザーアレー』、『嘘つきヤコブ』など

第二部: ドイツの各時代を扱ったドイツ映画
『コッホ先生と僕らの革命』、『白いリボン』、『鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』、『ドレスデン運命の日』、『ベルリン陥落1945』、『ヒトラー最期の12日間』、『わが教え子、ヒトラー』、『ベルンの奇蹟』、『バーダー・マインホフ 理想の果てに』、『善き人のためのソナタ』、『グッバイ、レーニン!』、『あいより強く』、『そして、私たちは愛に帰る』、『ソウル・キッチン』など


第三部: 違った角度でドイツ映画を愉しむ

スポンサーサイト
  1. 2012/09/05(水) 22:01:54|
  2. 書籍情報
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

『ニセドイツ3 ≒ヴェスタルギー的西ドイツ』、出版されました!というか、出版されてました。

『ニセドイツ3 ≒ヴェスタルギー的西ドイツ』が社会評論社より、出版されました!

ニセドイツ3

■今回は西ドイツの製品がテーマです。写真は、本書で扱ったBMWイセッタのチョロQとフロッシュの洗剤(使いかけ)も一緒に。あと、色々と国家間の問題(大袈裟ですが…)があって、出版は一ヶ月前にされていたのですが、ドイツに先日届きました。今後は、本ブログ上では東独だけはなく、西ドイツの製品やドイツ史関連の話題なども紹介していくことにします。


国歌・ハイデヴィツカ 縮小

■本書で取り扱ったケルンのカーニバルソング「ハイデヴィツカ」です。なんと西ドイツの国歌になりかけました…。ぜひ、聴いてみて下さい。これが国歌ならドイツイメージが結構変わった気がしますね…。



テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/03/28(水) 17:29:01|
  2. 書籍情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

拙著の紹介:山​口​大​学​図​書​館​ニ​ュ​ス​レ​タ​ー​

山​口​大​学​図​書​館​ニ​ュ​ス​レ​タ​ー​で​1​0​月​2​7​日​~​1​1​月​9​日​に​お​す​す​め​の​一​冊​に​、​拙​著​『​ニ​セ​ド​イ​ツ​1​、​2​』​が​取​り​上​げ​ら​れ​ま​し​た​。​山​口​大​の​学​生​さ​ん​達​、​ど​う​か​よ​ろ​し​く​お​願​い​し​ま​す​。

h​t​t​p​:​/​/​t​.​c​o​/​F​2​1​6​1​o​L​X

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/10/31(月) 06:01:52|
  2. 書籍情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

編集者・濱崎誉史朗取材記事:日刊サイゾー「文系離れが国を滅ぼす」

■拙著『ニセドイツ』でお世話になった社会評論社の編集者・濱崎氏の取材記事。

文系オタクをプロデュース:「文系離れが国を滅ぼす」です。ぜひ、ご一読下さい。
http://bit.ly/b4QAhW

■広大に広がる日本の文系オタクの世界を書籍媒体で発表していかんとする、濱崎氏のアイデアと意気込みは凄まじいものです。

■Twitter上でも話題になってましたが、文系の中には「『教養』とはこうあるべき」という定義を先に固めてしまう傾向がある気がします。しかし、濱崎氏のような、しなやかで自由な発想からの活動(この場合は出版活動)を通じた話題提供や問題提起が現段階では有効だというのが私見です。つまり、「こうあるべき」ではなく、「こうあっていいのではないか」「こうありたい」を具体的に提示していくのが、今のいわゆる文系(文科系)の実践を伴った「教養」なんじゃないかと思うわけです。

[.review論考024]「文学部」再建論――文学部生への三つの提言/杉本未来






バナー

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/06/16(水) 21:00:55|
  2. 書籍情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【6月30日まで期間延長!】ハマザキカク Cool Ja本-世界で通用する日本本

■有隣堂ヨドバシAKIBA店にて、「ハマザキカク Cool Ja本-世界で通用する日本本」が開催中です。拙著『ニセドイツ』(編集、濱崎氏)も並んでます(写真で確認)。

■ドイツ人も訪れるでしょうから、「ドイツ人meetsニセドイツ」の衝撃的瞬間がここで繰り広げられているはずです。ぜひ、お越し下さい。


Cool

テーマ:気になるニュース - ジャンル:サブカル

  1. 2010/06/15(火) 01:13:31|
  2. 書籍情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

noby

Author:noby
ドイツ現代史+サブカル研究者ノビーのブログ(2009年10月、書籍発売に伴い開設)

※Twitterは、nob_deで「歴史」「東西ドイツ」「アニメ」「子育て」などなどで呟いています。

※「ニセドイツ」は、歴史マガジン「ひすとり!」に賛同しています。

最新記事

Twitterブログパーツ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
トラバント (16)
ポストカード (4)
音楽 (3)
書籍情報 (28)
子供 (3)
共産交通公社 (6)
ヴァルトブルク (2)
共産党飲料 (2)
日本の東独 (1)
書いた物 (2)
高級車 (1)
共産すべき食品 (2)
マツモトアカシ (1)
東独ファッション委員会 (2)
東ドイツバイク (2)
バルカス (1)
廃墟 (1)
名所・旧跡 (1)
生活用品 (1)
電化製品 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

※お願い:本ブログの内容に関して、伸井が著作権を保持しています。文章の転載は所定の方法(引用の明記)で行ってください。写真は、転載不可でお願いします。 © Copyright 2009-2010 Noby. All Rights Reserved

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。