『ニセドイツ ≒東ドイツと西ドイツの製品史』の補完ブログ

東ドイツと西ドイツの製品史を紹介した『ニセドイツ1~3』の補完ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

訂正のご指摘

■本日、拙著への感想はがきが手元に届きました。正直に言うと「はがきシステム」がまだ稼働しているとは思いませんでした。しかし、もらってみると本当にうれしいものです。励みになります。そして、非常に温かい言葉、ありがとうございました。

■その中で東京都江東区在住のM.Yさんからのご指摘で、『ニセドイツ1』149頁目に、Vincenz Müller(東独軍(NVA)草創期の参謀本部長)の略歴に、「1944年6月から反ファシズム教育を受けた」とありますが、これは「1944年7月以後に」の間違いです。訂正してお詫びするとともに、M.Y.さんに感謝したいと思います。ドイツ語のJuniとJuliを語読したためと思われます。

■また、Vincenzの読み方ですが、名前がヴィンセンツなのかヴィンツェンツなのかは実はまだ不明です。「ツェ」と読むと予測されますが、友人のドイツ人に「c」表記で「セ」と読む人もいて、この軍人の場合がどちらなのか確定できません。どなたかご存知でしたらお教えください。どうかよろしくお願いします。


バナー
スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/03/06(土) 19:52:54|
  2. 書いた物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

告知:『ユリイカ』2010年1月号(12月28日発売)

告知です。

来週発売の詩と批評の雑誌『ユリイカ』に、短いエッセイが掲載されます。
『ユリイカ』2010年1月号

「われ発見せり」のコーナーで、「ベルリンの壁、心の壁、バカの壁」と題した800字程度の短文です。新型インフルエンザにかかっていたときに執筆したもので、ちょっと批判に熱が帯び過ぎてしまったように思って、少し反省しています。ちなみに短かったので書けなかったのですが、この批判は自戒を込めて書いている点は捕捉させていただきます。

来週月曜から全国の書店に並びますので、どうか一読してみてください。


バナー

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/12/26(土) 22:42:43|
  2. 書いた物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

noby

Author:noby
ドイツ現代史+サブカル研究者ノビーのブログ(2009年10月、書籍発売に伴い開設)

※Twitterは、nob_deで「歴史」「東西ドイツ」「アニメ」「子育て」などなどで呟いています。

※「ニセドイツ」は、歴史マガジン「ひすとり!」に賛同しています。

最新記事

Twitterブログパーツ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
トラバント (16)
ポストカード (4)
音楽 (3)
書籍情報 (28)
子供 (3)
共産交通公社 (6)
ヴァルトブルク (2)
共産党飲料 (2)
日本の東独 (1)
書いた物 (2)
高級車 (1)
共産すべき食品 (2)
マツモトアカシ (1)
東独ファッション委員会 (2)
東ドイツバイク (2)
バルカス (1)
廃墟 (1)
名所・旧跡 (1)
生活用品 (1)
電化製品 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

※お願い:本ブログの内容に関して、伸井が著作権を保持しています。文章の転載は所定の方法(引用の明記)で行ってください。写真は、転載不可でお願いします。 © Copyright 2009-2010 Noby. All Rights Reserved

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。